急に涼しくなってきました。季節の変わり目は体調にご注意をm(_ _)m

クリニックホームページデザインで一番大切なこと

ブログ

記念すべき第1回の記事は「クリニックホームページデザインで一番大切なこと」です。

一番大切なのは「見やすさ・分かりやすさ」

医科歯科関係なく、クリニックや病院など医療系ホームページのデザインで一番大切なこと。それは見やすさ・分かりやすさだと思っています。

たまにデザインや動きがすごい凝っているサイト、ありますよね?小児科とかだとすごいかわいいデザインで文字もポップだったり、歯医者だとスタイリッシュで格好よかったり。たまに、スクロールするとコンテンツが動いたりするサイトもあります。そういうホームページは見ていて楽しいし、WEBディレクターとしては色々と参考になったりはするのですが。
ただ、なんか見づらい分かりづらい。
文字に関して言うと、小さかったり、変わったフォントを使用していて読みづらかったり。
デザインに関して言うと、凝りすぎていてコンテンツ(内容)が頭に入ってこない、スクロールするたびに動くので何度も見てるとうるさく感じるなど。

メリハリを付けるバランスが大切

別にデザインに凝らない方がいい、動きを付けない方がいい、という話をしたい訳ではなくてバランスが大切と思います。デザインに凝りすぎたあまり、文字が読みづらくなって読んでもらえない。動きをつけすぎたあまり、うっとおしくなってユーザーが離脱(サイトから離れる)してしまう。それでは本末転倒です。
例えば、重要な箇所、一番見てほしいコンテンツにだけ動きをつける、キャッチコピーや見出しにだけデザインに凝るなどがいいと自分は思います。そうすることで、メリハリがつき、見やすく分かりやすいサイトになると思います。

ただ、文字に関しては小さすぎる文字だけは止めた方がいいと思います。医療機関のホームページは、他の業種と比べ、見る人の年齢層が幅広いと思います。色んな人が見ることを考慮して、小さすぎる文字だけは止めた方がいいと思います。
自分の場合、通常よりもフォントサイズを大きく、テキストは16pxぐらいにすることが多いです。

自分が提案する場合

自分の場合、「動きをつけましょう」とか「凝ったデザインにしましょう」という提案はほとんどしません。メインビジュアル(ホームページを開いた時に最初に大きく表示される画像)はフェード(画像が切り替わる)を提案すること多いですが、それ以外のコンテンツについてはほとんどしません。
理由は、シンプルが一番見やすく分かりやすいと思っているからです。
ちなみに、メインビジュアルの動きはスライド(横に画像がスライドする)よりもフェード派です。スライドはシュッと動いてかっこよく見えますが、医療機関のホームページは格好よさより優しさ柔らかさを伝えた方がよいと思っているため、ゆっくり切り替わるフェードの方が優しさ柔らかさを伝えられるからです。

以上でクリニックホームページデザインで一番大切なことは終わりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました